ディープブレスオイルの使い方

家事・育児・仕事と忙しい女性。頭皮ケア、髪の保湿ケア(トリートメント効果)はもちろん、ボディー・フェイスと頭のテッペンからつま先まで1本でケアできるよう、ノンシリコン&100%天然由来。忙しい女性のお役に立てればと想いを込めて作ったオイルです。色々な使い方が出来るディープブレスオイル。その中でもharuがおすすめする使用方法をご紹介いたします。

1.頭皮ケア

1.適量を手に取る

手のひらに適量を出し、指のハラ、側面までオイルをしっかり馴染ませます。

ポイント

オイルは必ず使用量を守ってお使いください。つけ過ぎはベタつきやボリューム不足の原因になります。

ディープブレスオイル適量

2.頭皮になじませる

指を広げて櫛の形にしたら、額の生え際より頭頂部に向かってゆっくり手櫛を通します。この時、指のハラが頭皮につくようにします。
※側頭部、後頭部も同じように頭頂部に向けて手櫛を通してください。

ポイント

髪にオイルが付くことでトリートメント効果が期待できます。

オイルを頭皮になじませているイラスト

3.マッサージ&洗髪

最後に指のハラで頭皮全体を約1分間マッサージ。その後、kurokamiスカルプ(シャンプー)で頭皮を中心にオイルを洗い流してください。

ポイント

2度洗いは不要です。オイルが頭皮や髪に潤いを与えます。

kurokamiスカルプでオイルを洗い流しているイラスト

2.髪の保湿ケア

1.適量を手に取る

タオルドライ後、濡れた髪の状態で適量を手のひらに出し、両手のひらでオイルをしっかり馴染ませます。

ポイント

指の側面までしっかりオイルがいきわたるように、手のひらに塗り込むように行うのがオススメです。

ディープブレスオイル適量

2.毛先を中心につけ、乾かす

指を広げて櫛の形にしたら、髪の毛先を中心にとかすようにオイルをつけてください。その後、髪の毛束を持ち上げながらドライヤーで乾かしてください。

ポイント

ドライヤーは頭から15cmをキープ。髪から必要な水分が逃げるのをオイルが防ぎます。

オイルを毛先に付けているイラスト

3.ボディケア

お風呂から上がった後のボディクリームの代わりとして

1.オイルを1プッシュ手のひらにとり、両手のひらでしっかり馴染ませます。
2.ヒザやヒジなど乾燥の気になる部分に下から上にマッサージするようにオイルを付けてください。

ポイント

乾燥が気になる部分はオイルを付け足してご使用ください。

ボディケア時の適量

4.フェイスケア

化粧水後の乳液&クリーム代わりとして

1.化粧水でお肌を整えた後、オイルを1プッシュ手に取り、両手のひらでしっかり馴染ませます。
2.乳液・クリームの代わりとしてお肌を包むようにしてなじませます。

ポイント

元々肌の油分が多い方または、ベタつきが気になる方はティッシュをお肌にのせて余分な油分をとってください。

フェイスケア時の適量

よくある質問

開封したらどの位で使いきったらいいですか?
開封後は基本的に早めにお使いいただくことをオススメしています。目安としては約半年です。
オイルをシャンプーに混ぜて使ってもいいですか?
はい、大丈夫です。オイルを1プッシュシャンプーに混ぜることでkurokamiスカルプの保湿力が高まり、さらにしっとり仕上がります。乾燥によるパサつき・広がりが気になる方は是非お試しください。

商品をお使いになってご不明な点がございましたら、haruお客様センターまでお気軽にお問い合わせください。お客様に合わせたご使用方法をご案内させていただきます。

haruお客様センター

メール:  お問い合わせフォーム 24時間受付(メールサービス対応時間:平日10時~18時)
電話 : 0120-596-806(受付時間8:30-21:00)