髪のお手入れ方法

いつも、何気なく乾かしている髪の毛…。
実は、濡れた髪が一番傷つきやすいって、ご存じでしたか?
自分流の間違ったお手入れはすぐに髪のダメージにつながります。カンタンな乾かし方の「コツ」を気に掛けるだけで、髪がぐっと美しくなりますよ。

髪をキレイに乾かすコツ

1.髪の水気は軽くしぼる

しっかりすすいだ後の髪の毛を手で軽く絞ってタオルドライの準備をしましょう。髪を引っ張ったりこすったりしないようにしてください。
傷みの原因になってしまいます。

2.やわらかいタオルで

濡れた髪は、キューティクルが開いた無防備な状態。固いタオルでゴシゴシこするようにふくだけで、ボロボロになってしまいます。高いヘアトリートメントをしても、タオルのふき方次第で、台無しになってしまうこともあるのです。
水気を含んだ髪をやわらかいタオルで包みこみ、ギュっと押さえるように水分を吸い取ります。これを4~5回くりかえします。髪をバサバサさせたり、タオルでゴシゴシこすったりしないようにしてください。

3.ヘアミストやオイルは、ドライヤーの前に

タオルドライした髪の「コーティング」をヘアミストやオイルで行うと髪の水分が外に逃げないのでオススメ。ヘアケアに取り入れるなら、効果を実感しやすいこのタイミングがべスト。毛先から軽くもみこむようにつけてください。

ブラッシング画像

4.仕上げのドライヤーは頭皮を乾かすイメージで。

髪の毛束を持ち上げるようにして頭皮をかわかすようにドライヤーをあてていきます。あんまり近づけるとドライヤーの熱で髪を傷めてしまうので、「頭から15cmキープ」しながら使ってください。
風は、頭の上から毛先のほうに、向かって送るとキューティクルが整ってツヤっとしあがります。頭皮は乾き、髪の毛が8割がた乾いたところで温風から冷風に変更。さっと冷風をあてておしまい。冷風は、ドライヤーの熱で広がってしまったキューティクルをキュッと閉じてツヤツヤの髪にしてくれるので、ぜひ試してみてください。

ブラッシング画像

自然乾燥がNGなワケ

「ドライヤーの熱は、髪を傷めるから自然乾燥しているんです」というあなた。
その“常識“はすでに過去のものなんです。

ドライヤーは進化をとげています。使い方を間違えなければあなたの美髪の頼もしい相棒になります。注意するのは主に2点。ひとつは、ドライヤーの風をずっと同じ場所に当て続けないこと。もうひとつは、あたまの上から下に向かっている髪のキューティクルと逆の方向からは風を当てないこと。タオルドライの後、この2つに注意して使ってみてください。

逆に、自然乾燥のほうがトラブルになりやすいんです。洗ってタオルドライした髪は適度に暖かく、水分もあって雑菌にとっては繁殖にピッタリな環境なんです…。

髪を清潔にキープするためにも、haruはタオルドライの後にドライヤーで乾かすことをオススメします。