ブラッシングで、髪も頭皮もまるごとケア

更新:2019/02

ブラシってどんなときに使いますか?髪のほつれをとったり、ヘアスタイリングをしたり。でも実は、それだけじゃないんです。
髪の汚れを落とすことや、乾燥ケアと頭皮ケアにも。ブラシの種類によっていろんなことができるんです!
今回はそんなブラシでできるおすすめケアを、種類別でご紹介。
お悩みにあわせて、ブラッシングを見直してみてはいかがですか?

ブラッシングで、髪や頭皮についた汚れを落とす

シャンプーの前にブラッシングをすることで、髪と頭皮についた汚れやホコリを落とせます。また頭皮についている皮脂を浮き上がらせ、シャンプーのときに効率よく汚れを落とすことも!さらに髪の絡まりもなくなることで、抜け毛も減り、シャンプーの泡立ちもアップ。いつものシャンプーでも、よりすっきりと仕上がります。
なおブラッシングのときは、いきなり根元からブラシを入れると髪のキューティクルを傷める原因にもなるので、毛先から少しずつ行ってくださいね。

天然毛のブラシで、髪にうるおいを

髪の乾燥や静電気が気になるときは、猪毛や豚毛など、天然毛のブラシがおすすめ。ブラシに適度な水分と油分が含まれているので、髪の静電気を起こしにくくしてくれます。また、頭皮のうるおいを毛先まで届けてくれるから、乾燥知らずのサラツヤ髪に。

やわらかいブラシで、頭皮ケアも

頭皮に直接ブラシがあたるようにブラッシングをすると、血行促進に効果的!髪に必要な栄養は血液によって運ばれるので、頭皮の血行を良くすることは、健康的な髪を育むためにはとっても大切なんです。ただし力を入れすぎたり固いブラシで行ったりすると、頭皮を傷つけてしまうことも。頭皮も一緒にケアするときは、毛先が丸くてほどよいやわらかさのブラシがおすすめです。

定期的なお手入れで、ブラシを清潔に

髪の毛や頭皮に触れるブラシは、皮脂やほこり・整髪料で汚れがち。汚れの放置は髪や頭皮への悪影響はもちろん、ブラシの寿命も縮めてしまいます。ブラシを長持ちさせるためにも、定期的なお手入れが大切です。

記事の中で紹介したアイテム

長く使える、天然毛のブラシ。『つや出し天然ブラシ』はこちら
毛先が丸くて気持ちいい、やわらかいブラシ。『エイジングスカルプケアブラシ』はこちら
こまめなお手入れで、ブラシを清潔に。『ブラシクリーナー』はこちら