冬のパサつきをのりきるコツ

更新:2018/12

空気が乾燥する冬は、髪のパサつきや静電気が気になることも……。この季節のヘアケアのポイントは、「うるおいを与える」ことと、髪を「ダメージから守る」こと。早速見ていきましょう。

シャンプーは適量を使う

髪の長さに合わせたシャンプーの適量。ショート、2プッシュ。ボブ、2.5プッシュ。セミロング、3プッシュ。ロング、4プッシュ。

haruのシャンプーは、髪の長さによって適量が異なります。正しい量を使うことによって、頭皮や髪のすみずみまでシャンプーの保湿成分がいきわたり、仕上りがなめらかに♪シャンプーは、手のひらでぬるま湯と軽くなじませてから、髪につけて泡立てましょう。

やさしくタオルドライ

タオルで髪を拭くときにゴシゴシしてしまうと、キューティクルが傷んでパサつきやすくなります。髪はタオルでやさしく押さえ、水が滴らない程度になるまで水分を吸い取りましょう。髪の摩擦を防ぐためには、やわらかく、吸水性が高いタオルを使うのもおすすめ。ガサガサするような古いタオルは、おそうじのときに見直しできたらいいですね。

ドライヤーは冷風も活用する

タオルドライ後の濡れた髪は、キューティクルが開いている状態。このままだと、髪の水分が流れ出し、乾燥やパサつきの原因に。ドライヤーの冷風を使って、キューティクルを閉じましょう。まず、頭皮を中心に温風をあてて乾かします。8割ほど乾いたところで、冷風に切り替えるのがポイント。キューティクルが引き締まり、翌朝の髪の状態もよくなりますよ。

記事の中で紹介したアイテム

保湿成分もたっぷり!シャンプーのkurokamiスカルプはこちら