梅雨の時期におすすめの簡単ハーブの使い方

更新:2019/05

梅雨の時期になると、低気圧の影響で疲れを感じやすくなって、気分もどんよりしがち……。そんなときはハーブの力をかりてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

一日のスタートに

「朝の目覚めをスッキリさせたい」そんなときはミントウォーターがおすすめです。
さっぱりして飲みやすく、頭がすっきりするので朝にぴったり。

作り方は500mlのミネラルウォーターにミントを7枚入れて、半日冷やすだけ。

レモンの輪切りを入れるとかすかな甘酸っぱさを感じられて、さらに美味しくなります。
ムシムシと汗ばむ朝に、すっきりとさわやかなミントウォーターをひとくち。
梅雨の朝がいつもよりも心地よいものに変わります。

疲れて集中力がきれたら

「最近疲れやすくなってきた」「午後になると集中力も切れやすくなる……」
そんなときにおすすめなのがローズマリーティー。
心身の疲労をとり集中力を高める力があるといわれています。
風味は頭をスッキリさせてくれる刺激的な香りと味わいです。
ティーバッグはスーパーやインターネットでも簡単に手に入るので、忙しいときや集中したいときに飲んでみてください。

心地いい眠りを求めて

「布団に入っても目が冴えてしまう」「ストレスや悩みごとがあって眠れない…」
そんな眠れない夜に頼りになるのがラベンダーのアロマ。
何故ならラベンダーは心を落ち着かせ、リラックスさせる力があるからです。
簡単な使い方はお風呂に入れること。
湯舟に2~3滴垂らすだけで、ラベンダーの香りで心がほっとほぐされ、心身の緊張がほぐれていきます。

おわりに…

いかがでしたか?ハーブには体にいいことがたくさんあり、自分の体調に合わせて選べば少しの時間で気分をリフレッシュできます。
これから梅雨の季節になり、いつも以上に疲れやだるさを感じるかもしれません。
上手に生活に取り入れて、心も体も癒されてみてください。